著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

          
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
渓とは
最小化

「渓」とは 渓谷の短縮語として用いている。渓流・峡谷・沢なども同じ範疇に入り、谷のうちでも水流の伴っているのもを指している。

峡谷といえばスケールがやや大きくて、断崖がつきものである。いっぽう沢といえば、大きな山の斜面に切れこんでいる谷のことで、水流は細い。両者を包括していて、かつ中間の色合いを持たせているのが渓谷である。

防長48渓のうちで峡谷にあたるものは一ケタに収まるし、全体の半数程度は沢の類である。

            
 
 
世界の渓谷
最小化

知名度が最も高く、西の横綱とみなせるのが、アメリカ西部のグランドキャニオンであろう。コロラド川という大河が、平坦な高原を2千米も深く掘り下げていて、幅は30キロ米というスケールである。これが地層だという地質学の標本のような渓谷である。

これに東の横綱よろしく、知名度とスケールで対抗するのが、中国の中央部にある三峡である。千米の断崖と豊かな水流との調和は、前者には無いものである。

シベリアの大河であるレナ川とエニセイ川はともに中流域に大きな渓谷を内蔵している。チベットのヤルツアンポ川の大曲流部とか、アフリカのコンゴ川の下流部にも全容のつかめていない大峡谷がひそんでいる。

他に、ベトナムの紅河やアメリカ北西部のスネーク川の峡谷など、自分で現地に足を踏み入れるか、ないしは映像で紹介してほしい渓谷は枚挙にいとまがない。

            
 
 
日本の渓谷
最小化

さて、国内に目を向けると、横綱級は中部地方の黒部峡谷と、南紀の大杉谷だとされているようだ。どちらも険しさと激しさとが持ち味で、後者には滝が連続している。

壮年期の三峡タイプのものとしては、天竜峡や瀞峡とか大歩危のある吉野川中流などがある。

島国でさして高い山も無い土地柄にしては、世界に通用するスケールのものがいくつかある。

県内では、長門峡は全日本級と言えるだろうし、美しさの点で竜ヶ岳峡(寂地峡)も、十分に全国に通用する。

            
 
 
渓の形成・発達・老化
最小化

ところで渓谷というものは川の力で造られるし、同時に山もつくりあげる。平坦な土地を、まるで鑿や彫刻刀を使ったように、凸凹に変えてしまう。むろん谷や山となるまでには数十万年かの歳月が必要である。とはいえ、海抜ゼロメートル地帯では起こりえない。もともと高い高原か、隆起が進行中の地域でのことである。

隆起が進行する地域とは、造山帯ということになるわけで、地球上でも特殊な場所である。たまたま日本列島はこの特殊な場所である。だから山がちで谷が多い。

加えるに、モンスーン帯でもあるので、雨量に恵まれて谷や沢には水があふれるほどである。

日本列島は矢を放つ前の弓のように、ストレスが加わっている。フォッサマグナを中心に、劣等を鯖折りするかのように力が加わっているので、中部地方に北アルプスなどが形成され、深い谷が出来上がってゆく。

隆起というのは、通常は年間数ミリ以下で持続する。これに対して、川底が削られる程度はその10倍くらいである。だから意外なことに、両者のせめぎあいでは川が勝者となり、現状の姿を保つのである。

江の川は中国山地ができる前からそこにあって、隆起が始まっても流路を変えることなく、分断されることなく流れている。文壇されたのは中国山脈のほうであった。

いっぽう、川の下刻作用のほうが格段に早いということは、単純な隆起では、峡谷はできても激流岩をかむという姿は出現しないということにもなる。ここで取り上げるような渓流ができるためには、何らかのプラスアルファが必要である。

河川争奪などにより突如流路が川って、大きな高度差が生じたときなど、このような渓谷の始まりとなる。しかしその激しい姿も持続する期間は数万年かそこらである。

やがて滝も激流も消失して、川が切り立った両岸の間をゆったりと流れる姿となる。その期間が永く続くうちに、両岸は崩落を続けて丸っこい平凡な谷に没落する。

            
 
 
美渓の条件と保護
最小化

渓谷の要素を三つ挙げるとすれば、①水流・川床 ②両岸の崖 ③植生 で、これを水・岩・木と単純化しても良かろう。

グランドキャニオンのように、②だけで十分成立する例外もあるが、身近なものではどれが欠けても美渓の資格を失ってしまう。

外国の川をみると、無色透明の水流はまず珍しい。日本では山がちな国土でかつ雨が多いから、清澄にして急流が多い。オランダ人が日本のは川ではなくて滝だと評したとの文を見かけた。

わが国では①について、澄んだ水が十分な水量あるだけでは通用しない。川床が美しいとか、滝が多いとか、激流がほとばしっているとかのプラスアルファが必要である。

②の断崖であるが、これは滝の後退によって形成されたものが多い。ナイヤガラの滝の下流には10㎞以上にわたり、崖が両岸に連続している。滝がそのぶん後ずさりしつつ移動したことを示している。

滝が山地の部分を通過し終えると、跡には廊下状の渓谷が残り、川床を水が激流をなして流れ下る。山塊が大きく、岩石の質が堅牢で、水量が豊かであれば、両岸の屹立した迫力十分の渓谷となる。

基盤岩が節理の少ない花崗岩であれば、全体が明るく滑床という川床になり、水の青さが際立つ美渓となろう。もろい堆積岩とか凝灰岩とかの渓谷だと、コントラストは弱く、岩の崩壊が速い。川床も落石に占領されて見栄えがしない。

③の植生とは両岸を飾る草木のことである。羽毛の無い鳥が見るに耐えないように、植生を欠く渓谷は貧弱である。かといって何でも良いというわけでなく、蔓の仲間やイネ科(ススキなど)等はマイナス要因である。針葉樹よりも被子植物のほうが趣がある。そのうちでも照葉樹より落葉樹のほうが好ましい。

なお、草は丈の低いものをよしとし、木は巨木・老木の方が雰囲気をかもし出す。若い育ち盛りの樹木というのは、渓流の装飾にはいささか役不足である。

渓は南向きのものより北向きのもののほうが良質である。それは日射が強いと藪がひどくなるからである。

美渓を壊してしまう代表的な要因はダムや堰の敷設・樹林の伐採・道路の建設などである。

渓谷というものは、大雨の時の地すべり以外は、人手が加わらなくても美しい状態を保つ性質がある。道路の新設などの人間による干渉を受けると、落石とか日射量の激増によって、がらりと渓相を変えてしまう。また、ダムや堰によって流量のむらがひどくなり、土砂の堆積もあって川床がだめになる。

渓谷は微妙なバランスの上に成立している生態系なのである。人手による干渉には最新の配慮を要し、むしろ放任のほうが無難である。庭師という熟練者がいるように、渓師という専門家もいていいのではなかろうか。