著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.17 高根峡
最小化

錦町

高鉢山と浦石の台地の間をえぐっているので高鉢峡とも呼ばれているようだ。バスやマイカーで宇佐郷から、宇佐へ向かう時通過する山峡で、はじめは少々緊張させられる。50メートル位の崖の中ほどを道路が曲折するので道路下を見ていると身がちじまるような気がする。

川床自体は平衡河川に近づいており、変化には乏しい。崖も意外と小規模で、実体は中程度の谷だが、見かけは大渓谷の印象を与える。

これもこの渓谷の長所といえるだろう。

この渓谷のアクセントは宇佐大滝で中国自動車道の大橋のほんの少し下流にある。

この渓は宇佐郷から5キロばかりの所で、県道が左岸から右岸にかわる地点からはじまる。そこから500メートル上流に右岸から支流が注いでいる。浦石川で、この谷沿いの渓態は変化に富んでいる。この川を跨ぐ橋を高根橋というが、この200メートル上流が先述の宇佐大滝である。

路傍に車一台分のスペースがあるので、マイカーで通りかかる時は一時停車して見ることができる。水量も滝壺も立派だが、上から見下ろしになるのでこれに不満の人は、100メートルばかり下手に釣り師のつけたと思われる踏み跡道がある。ガードレールを跨いでそれにしたがって河原に降り、川中を歩けば直下に接近できる。

滝から上流の方は道路と川との差が小さくなるので、その全容がわかりやすくなる。大橋の直下に近い所の対岸に小滝を7本含んだきれいなミニ沢が落ちている。大橋の直下には立派な釜をもった小滝が2つ続いている。ある時この釜の傍で弁当を食べようと降りると、その水面にプラスチックのゴミがいっぱい浮遊していて興ざめしたことがある。いつもではないが上流に民家があると見られる現象である。

ここから上流はだんだん平凡化してしてゆき、司会が開けて谷が終ると川は転石で占領された河原になっている。その先は宇佐である。

地図を眺めて想うことは、この渓谷の上の浦石の台地が、向峠の台地や宇佐の低地と何らかの関連があるのではないかという疑問である。さらに論理を飛躍させると深谷川と同じく、宇佐盆地の水も向峠を経て六日市方面へ流れていた。深谷川の短絡以前にこちらでも河川争奪があってこの渓谷が形成されたのではなかろうか。