著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.13 下二代木沢(仮称)
最小化

美和町

弥栄峡の北に位置する小瀬川ダムの西側、つまり山口県側から湖水に注ぐ沢が三本ある。二代木山塊を刻んでいるので、上、中、下と区別して仮称する事にする。

地図上での判断は中、上、下の順に内容が低下すると思ったが、実際には逆になっている事がわかった。下二代木沢はダムの園丁にほど近い所に注いでいる。つまり国道から右岸に移り、100メートルも進めば沢口で、探せば沢に沿う踏跡道が見つかる。

ところが少し進んだと思うと踏跡が消えるので、川床をたどるとよい。200メートル位奥で川が突如急勾配になる。第一アクセント部で、8個の滝が集っている。中心となるのが5メートル、8メートル、7メートルの三段の滝で、ここは左岸をアタックする。見かけに比して登りやすく、素手で充分である。

ここをやり過ごすと沢床は平凡に帰り、やがてまた第二の急勾配が出現する。ここの中心は12メートルの二段の滝で、その前後にいくつかの滝がくっついている。この滝のアタックは、ザイル使用ならば右岸をさもなければ、左岸のヤブに逃れて巻くのも一法である。

このF15をかわすと、その奥は快適なナメ床ゾーンだ。露岩の川床に小滝が次々と現れる。川幅があまりないので、クモの巣がわずらわしいが、これは木の枝を片手に持って払いつつ前進しよう。

200メートルばかり進むとF26の二条の滝に至る。8メートルばかりで、直登の練習相手にころあいである。ここから先は沢床に土砂もみられる普通の沢だが、小滝の方は適当な間隔で登場し、退屈させない。

F30の三段滝に到着すると、そこから先の渓態はぐっと低下する。両岸がすべって川中にせり出していたりして、歩きづらくなるので、引き返すのが利口であろう。

この沢は、アプローチ部を除いて変化に富んでおり、楽しめる沢である。ただし、植生の方は、小柄な松林の連続で見るべきものはない。ナメ床が多いのは、花崗岩で構成されているからである。