著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.15 河津峡
最小化

錦町

ナメ床とシャクナゲの渓という副題をつけたい渓谷で、深谷川の最上流である。その河畔部は滑床の渓流、上半部はゴーロの多い沢という特徴をもっている。

大半が島根県側の谷底平地である河津の部落の先で、川筋は急にせばまってくる。左岸にある悪路の林道は河津部落のかなり下手の方から川を越えてきている。林道の下の杉林にはワサビが栽培され上の斜面には、フキ・ゼンマイ・それにウドなどの山菜が豊富で、シーズンには地元の女性のゼンマイ狩姿を見かける。

林道から直接川床が望めるようになるあたりから渓流らしくなる。小型の廊下の中に滝と淵があり、つづいてナメ床がはじまる。ナメ床とは、川底に土砂や石ころがなく、岩盤が露出しているところである。ここのナメ床は花崗岩質なので、表面はなめらかで堆積岩にありがちな、ざらついた模様がない。色は淡黄色だ。それが300メートルばかり連続し、幼児が水泳できるほどの凹みも随所にあり、大人は裾をからげては出しになってジャブジャブしたくなる。

ナメ床の終末部に可愛いお宮があり、その背後の境内がシャクナゲ群落である。5月の中旬が花期で、一昨年五月十日に同僚の川釣りに動向して、たまたまその最盛期に出くわして堪能した。昔はここだけでなく谷の全面にあったそうだが、昨今の盆栽熱で盗掘され姿を消してしまったという。おそらくここは神社の境内であった事が幸いして保存されているのだろう。

この境内にはゴヨウマツの天然樹もいくつかあり、林床にはイワカガミもピンクの小さな花をつけて群生していた。

シャクナゲ林の少し上流から徐々に普通の渓流にかわってゆく。もっともナメ床の原因は上流から運ばれる石や土砂よりも、運び去られる方が勝っていることにあるので、今日のナメ床が何年か先にはゴーロ帯となり、現在の河原が将来ナメ床帯に変化してもおかしくない。寂地山地の裏側はほとんど伐採されて坊主になっているので、このナメ床帯も押し寄せる転石に占領されてしまうかもしれない。

1キロ先で沢分かれがあり、木出しの小屋が建っている。林道はここで本流沿いの右岸にかわり、50メートル先で終っている。ここから先は山仕事用兼登山用の小径になっている。

踏跡道のような小径をたどっていると足元にイカリソウを見かけることがある。春先きにはオヤと思うほど可憐な花をつけていて、気持ちをほぐしてくれる。

川沿いの小径は時々草に消される。水流にえぐられている所もあって、岩の上をたどることもおこる。そこはたいていナメ床状で、気持ちがやすらぐ。川が分裂していてその真中を通る所も出現する。むろん道は判然としないが、前進しているうちに復活してくる。

谷筋が南北から東西に向きをかえるところから傾斜が急になる。川は小滝が階段状になり、径は高巻いて肩を越え、再び川と交錯しはじめる。そうしているうち、両岸の形相がだんだん険悪になってくる。

ゴーロと小滝の交互する川筋に草深い径が数回交差したあと、行手に荒々しい岩場が現れる。ここは15メートルの滝を含むゴルジュで、直登はかなりむずかしい。小径の方はここをさけて左岸の高い所に巻いている。この道をそのままたどるとガクガク岩に出るそうだが、そこまで完登していない。ガクガク岩とは寂地山の山麓から北西に派生している1ピークで一二七九メートルの標高をもつ。

うす紅の ひとひらを刺し 水底光る