著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.09 犬戻峡
最小化

錦町

俗に竜ヶ岳峡だけが寂地峡でとおっているが、広義の寂地峡は、この犬戻峡と浦石峡とを加えた総称である。地形的には犬戻峡が寂地峡の盟主にふさわしい位置にあるが、現状では力不足というべきであろう。

竜ヶ岳峡のキャンプサイトから200メートル遡ると10メートル落差のこぎれいな滝とその釜があるので行手を期待させるが、少しばかりのナメを見せて終わってしまう。そこから先はとうぶん平凡な川床で渓流の中をたどる程の値打ちはない。

ほぼ川沿いに伸びている林道が急にUターンするかのように右手の山側にはいのぼる。ここが川の遷急点で林道はそこをさけてスイッチバック方式で高巻きしている。一方渓流の方は佳境に入るのでここから犬戻峡の探勝がはじまる。

林道を背にして踏み跡道をさがす。2本あり、1本はやや高い所で、中枢部を巻いている。。もう1本は川床に密着しているが、少々危険も伴うから、沢歩きの経験度に応じて選択すべきだろう。

林道からすぐのところに小規模な廊下がある。水の清澄さにまず気持ちが洗われるであろう。続いて立派な淵をもった4メートルの滝が現れ、その奥に釜・岩壁・落水と三拍子のそろったいい滝が姿を見せる。10メートルの落差を持つ剛直な滝である。またその釜の水色の濃さも魅力的だ。

男性的なその滝の上に、こんどは上品な女性的な滝が続いている。「防長四十八滝」にカラー写真で紹介したもので、白布を二段にたらしたような印象である。

この滝の上にある川床はナメ床状で、ルンルン気分で歩けるが、それも長続きはせず、小石の多い川原にかわる。そこを少し進むと両岸が衝立状に屹立した第二のゴルジュが出現する。そこには10メートルの溝状の斜滝、中間の小滝、そして上段の12メートルの滝とがワンセットに収まっている。

そこから上流に石畳風の川床が続き一興を呈す。そこを過ぎるとゴーロ帯にかかる。周囲もそれまでの明るい開けた沢から、雑木の巨木におおわれたユウゲンな滝に変化してゆく。

植生が良くなるのに反比例するかのように、川床に落石やガレが目立ってくる。数年前、私が国体小屋から逆方向に歩いたときにはさして気にならなかったから、最近急に荒れてきているようだ。気をつけてみると少し高いところをたどっている林道の側面が落石の供給源であることがわかった。

ガレキ帯を通過すると石畳状式の川床が復活する。それも束の間で再びゴーロ帯に消失してしまうが、頭上の立派な落葉樹林がせめてものなぐさめとなる。

林道終点の小屋の近くで再度ナメ床が現れ、まあまあのしめくくりで犬戻峡も終る。なおここが寂地山登山路の五合目で、2つに分かれた沢の中間の背の部分を径が通じている。頂上にはブナやイヌブナの大木がおもいおもいの樹形で天を突いている。紅葉の盛りの時に登頂をと心に期しているがまだ果たしていない。

清水のむ底まで透るさびしさに (白葉女)