著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

          
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

          
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

          
 
 
No.10 深谷峡
最小化

錦町

この渓谷は、一般には県境の深谷大橋にかかる谷筋とでも云った方がとおりがいいだろう。また自然地理に明るい人には、河川争奪の谷という方がピンとくるであろう。

この谷は向峠の平坦な台地を100メートルばかり溝状に下刻し、深い谷をなして宇佐川本流に注いでいる。合流点の宇佐郷からでは、まさか谷の上が平原状であるとは思い及ばない宇佐郷と向峠とは100メートルの標高差があり、道路はこの差を克服するためにつづらおりの急坂となっている。

数万年前には、宇佐郷から向峠方面に向えば、正面に壮大な滝が落ちていたであろう。そしてさらにその数万年間には、谷そのものがなく、深谷川は向桃源の平坦面をゆるやかにカーブして六日市の方に流れていたであろう。

宇佐郷の合流点近くにお宮がある。その境内を通り抜け、深谷川の左岸の水路をたどるとセキに至る。小径が消失するので川の中を歩く。100メートルも進むと両岸が狭まり、屹立してくる。

左岸のずっと上の方には前記述道路があり、右岸の崖にはシャクナゲの木をちらほら見かける。自生のものはめずらしくなった現在だけに計画中の遊歩道が完成すると果たして何本残るであろうか。

さらに奥へ進むと花崗岩の巨石が川の中に累々と連なっている所が続く。一枚滝といっているそうだが、むしろゴーロ帯の方が似つかわしい。右岸がきびしいので左岸をまく方が通過に楽で、ここをかわして前進すると「新深谷大橋」が見えてくる。工事に伴う岩魂が散乱しているが、工事量に比すれば被害の小さい方だろう。

大橋の先に両岸から滝が5本さがっている。不思議なことに2本づつ近接している。そして巨岩帯からこの滝のあたりまでが下深谷の中枢部である。

そこから先約1キロ、深谷大橋直下まではおだやかな廊下である。荒れているわけでもなく、淵も少ないので通過にはあまり骨は折れない。

橋の直下では淵でむつかしいヘツリを強いられる。ここからドードー滝までの中深谷は、やや荒れた河原で、転石が散乱し歩きづらい。途中かなり高い滝が3ヵ所落ちている。

私が盛夏に逆方向から下っている時、この区間に入ったとたん、アブの大群に襲われて辟易したことがある。一ヶ月後の遡行ではうそのように少なかった。古老の「アブは盆ぎり」とは云い得て妙だと感心した。

ドードー滝から金山谷まで上深谷と云うことにするが、この部分は荒々しい区間である。特にドードーの滝はすさまじいの一語につきる。多段で総落差15メートルばかり。大釜の中に小釜が共存している感じだ。ここは敬遠して高巻きといきたいところ。一方この滝だけつまみ食いで鑑賞したいと思う人には、河津へむかう車道下の水路から踏跡径があることを付け加えておこう。おそらく釣り師のつけたものであろう。

滝をやり過ごした先にも廊下は続くが、両岸は比高がぐっと小さくなる。かわりに接近してゴルジュ状となる。激流に流されて土砂や礫は無いので、川床は岩盤をくりぬいた溝のようで、しかも曲折をくり返す。

金山谷まで測ると、河床と谷底低地の差はほぼ解消して、道路から直接見えるようになる。そしてここから向峠対岸の、初見の広い台地の田畑を養っている用水が発している。

滝落ちて 群青世界 とどろけり (秋桜子)