著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.16 島ノ谷
最小化

錦町

 木谷峡の支沢のうち最大で、黒滝がいちばんの見せ場となっている。沢口は木谷の中心である大固屋から、1キロ下流の右岸にある。

島ノ谷とはこの沢口から約1.5キロ上流にある旧集落で、今は数戸の廃屋が屋根の骨組みをさらしている。

錦川本流の木谷橋から約3キロ、木谷川沿いの道路を遡った地点に、沢の開口部が小滝をなしているのが見える。ここで渡渉するのだが、増水期には危険である。

進んでいると、沢床がきれいになってナメ床を呈するが、長くは続かず、ミカン箱大の岩がゴロゴロしているのが一般的である。

自分の背丈の倍ばかりの小滝を2,3ヶ所やり過ごすと、黒滝の出現となる。一本のドカンとした滝ではなく、おおまかには三段に落ちている。左岸の広い露岩が印象的で、その上を登って滝の落ち口の上をかすめるようにしてやりすごすのが無難である。

そこから上流のしばらくは屈曲のははげしい箇所で、やがて両岸が迫ったゴルジュに出会う。技術のある者には楽しめる場所だが、一般には左岸を巻いた方が賢明であろう。

ここから島ノ谷の手前までは、川床がわりときれいで、こきざみな変化がみられる。ナメと小滝が交互して、小柄な釜もはさんでいる。左岸が杉林にとってかわられると島ノ谷も近く、さらには明るさも増してくる。

川の勾配がなくなって、転石でおおわれた川原と化し、両岸はむさくるしいヤブに包囲されてしまうので、左岸の杉木立の中の小径を探して、島ノ谷の屋敷跡へ向かう方をすすめたい。

廃屋の間をすり抜けて杣道をたどると、今までの川と再会する。その橋のすぐ下手に、ナメを助走して放物線を描いて落ちる滝がある。大滝というそうだが、12メートルばかりのもので、むしろ熊本県の通潤橋の放水のようなその姿がユニークである。

この川の水源は馬糞ヶ岳で、この島ノ谷からの登山ルートもある。その馬糞ヶ岳の頂上に一昨年、<杣道>の10周年を記念してコブシが植えられている。はたして花を見ることができるかどうか。

なお、大固屋から島ノ谷へは林道工事が進められ、直前まで届いている。