著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
No.14 容谷峡(仮称)
最小化

錦町

<杣道>の機関紙”マップ”74号の中より田中貴美子さんの文を引用する。

未踏の沢へと意欲満々の面々で出発。トップを当然という顔の工藤さんと湊さんがもつ。柳ヶ瀬に駐車。道路下の地下水路を通って宇佐川に降り立つ。徒歩。少しさかのぼって宇佐川へ入る。

河原がしばらく続くうち、がらり変って廊下続きとなる。この沢は狭い廊下と滑床の清流の美しく明るい沢である。小滝のある淵が続けて現れ、水際をへつる。

 トップのK・Mコンビがお互いにけし合って両岸をへつる。人が入っていないので壁がボロボロ落ちる。滝もないのに工藤さんが突然はしゃぎだし、トップをさしとめて「これやらしてくれ」。ねらいはゴルジュで、ここを体を水平にして手は左岸を、足は右岸をつっぱって横這いした。みごと!足が長いとか、短いとか言いあいながらも男性群は順に渡っていく。力が要るようだ。

女性二人はしばしたたずんでいたが、気をとりなおして右岸を高巻いた。右岸の高い廊下から二つ滝が落ちていた。うち一つは20メートルくらい。高さを計るのに清水氏が喜びそうと遡行図に書く。

昼食後のスタートにF1(4メートル)が現れ、続いてF2(4メートル・チョックストーン)と、簡単だが楽しい雰囲気の確信部に到達する。F3が一番大きい滝で15メートルくらい。この下には釜はなく、ホールドの少ない両岸を持つ。直登は宿題にして左岸を高巻いた。

F4(4メートル)はいわばジェットコースターの滝。落ちた人は回転が予想されるおわん型(ひよんぐりの滝とはカネさんの表現)をしている。こう落ちて、こう飛び上がって、そして水の中へこう落ちるのではと回転コースを想い描きながら近づく。

まず左岸をへつって滝の下へ至り、次々に登って私と長野さんが取り残される。スタンスもホールドも小さくて苦労する。カネさんが滝口に出てシュリンゲを下げてくれたのでそれに頼ることにする。

湊さんが後言するに、金藤、田中ともに落ちると予想して彼は対岸で見物。長野さんは私が落ちて目の前を滑ってきても、自分のホールドがないのだから手を貸すまいと心に決めていたと告白。

案の定、私が期待に答える。落ちながらもなぜか余裕があった。あれ!カネさんまで落ちてくる。長野さんの手が見えたが、運動神経がにぶくてつかみそこなった。私達はおわんから空中にほうり上げられ、なぜかカネさんの方が先に水に落ちた。

私達は容谷川を最後までつめずに、二股から西の枝沢に入った。小さな沢だが、ここもナメ床で美しい。

高度をどんどんかせいで小道と出会う。それをたどって776ピークの下620メートルあたりをぐるり廻って、容谷川と足谷川の間の峠に出て、向峠林道へと下る。

途中マムシ数匹と遭遇するハプニングがあって緊張させられた。