著者紹介
最小化

清水秀登
昭和12年6月16日生

◆山口植物学会役員
◆周防巨木の会主宰
◆風子会代表
◆山口地学会会員

            
 
 
渓魚
最小化

上流域にはイワナ・ヤマメ・アマゴ・ゴギ・ハヤなどが生息し、中流域にはウグイ・オイカワ・アユなどが、またか流域にはコイ・フナ・ナマズ・ボラなどがみられる。

このうち、上流魚のイワナ・ヤマネ・アマゴ・ゴキはサケ・マスの仲間である。中流魚や下流魚にはコイの仲間が多い。

釣り師の珍重するのはサケ・マス類とアユで、特に前者は渓水魚の王者と目されている。この仲間には川と海とを二股にかけるものと、川だけで生活するものとある。

同じ種の魚でも、降海したものとそうでないものとは、外形や大きさが異なり名前もちがっている。

整理してみると、

 (降海魚)  (陸封魚)

アメマス ⇔ イワナ(ゴギはこの変種)

サクラマス ⇔ ヤマメ

カワマス(別名ビワマス) ⇔ アマゴ

 県内では小瀬川・錦川・島田川・佐波川・椹野川はアマゴ域で、田万川・阿武川・三隅川はヤマメ域である。つまり、瀬戸内海水系にアマゴ、日本海水系にヤマメと大別できる。

このうち宇佐川本流や深谷川の源流・渋川の米山以北・木谷川の小谷・大野川のオモ谷源流にはゴギがいる。佐波川の源流にも島根県から移したゴギがいるというが、このゴギは西中国山地だけにみられるものである。ちなみにゴギの名は朝鮮語に由来するという。

イワナ・ヤマメ・アマゴが肉食性で貪食なのに対し、アユの成魚は石ゴケを食む菜食主義者である。アユは日本固有魚で、一年魚である。

            
 
 

目次



参考文献
最小化


防長風土注進案 (1983年)


山口県風土誌〈第1巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第5巻〉(1972年)


山口県風土誌〈第9巻〉 (1973年)


◆岩国市史

防長風土記 (1957年)


玖珂郡志 (1975年)


◆日本の滝 上・下 土屋書店・渡辺晃一

防長百山 (1977年)


◆やきもの風土記 マツノ書店・神崎宜武

◆長門周防の伝説 第一法規・松岡利夫

山口県地名考 (1978年)


◆西日本の山釣 釣りの友社・山本素石

◆日曜の地学 山口地学会

沢登りの勧め―渓谷美を楽しむ知識と技術 (1978年)


◆日本の地形 岩波新書・貝塚爽平

◆その他

            
 
 
関連サイト
最小化

 Cray's Whisper

VACCO HOSTING SERVICE

Browntongue

LLP en

玖珂隕石に光をあてよう

防長四十八滝

防長四十八渓

            
 
 
No.08 木谷峡
最小化

錦町

木谷川は県境の平家ヶ岳を源流とし、水尾山と馬糞ヶ岳の間を長く深い谷を穿って南流しつつ、広瀬の西方2キロの地点で錦側の本流に注ぐ。長さ10キロにもなる渓谷で、長門峡・深谷峡・藤ヶ谷峡・二鹿峡とともに、県下有数のスケールを持つ。

長いだけでなく、樹の枝のように多くの支流をあつめ、滝も多いのでわれわれ山の会の者の絶好の攻撃目標となっている。

この渓谷の中心部は、島の谷の沢口と小西沢口との区間の約3キロである。それより下流を便宜上、下木谷、上流を上木谷と区別しておく。

木谷へ入るには、広瀬から2キロ西進し、トンネルの手前で右折して、錦川に下降する車道に入り、橋を渡る。そこが木谷原でT字路を左にろり北上する。

<下木谷> 合流点から1キロ位の所で、左岸の水尾山から落ちる沢をまたぐ。この沢を板ヶ谷といい、大滝が3つある。(防長四十八滝の初瀬の滝参照)この沢水が勢いよく滑り込むからであろうか、その注ぎ口の本流の方は廊下状を呈し、滝と深い淵があり激流が渦まいている。城ヶ淵といい、釣り場には好適だが泳ぐにはかなりの力量を要する。ここの下流300メートルと上流100メートルの区間が渓谷らしい雰囲気をもっている。

その先1キロは転石が多く、一部を除いて単調である。

<中木谷> 城ヶ淵から1キロの地点に、左岸つまり馬糞ヶ岳方面から沢が小滝をなして注いでいるのが見える。島の谷の開口部で本流もここから上流大固屋までの1キロは小滝・淵・岩壁などの見所が処々にある。

木谷の中心地大固屋には、吉川林業の支所があり、橋のたもとにはモミジの古木が河原をおおうように枝をひろげている。「宮モミジ」と名づけられ、形容しがたい風格がある。

橋の少し向うにお宮がある。真夏には神楽がたつそうだ。また対岸の山裾から2本の沢が小滝をなして落ちている。(水尾沢参照)

その近くに、今は廃校となった小学校の校舎が草にうもれ、時代の推移を感じさせる。

本流には滝をチャッカリ利用して、コンクリートで固めた農業用水の取水口がある。この数キロにおよぶ用水路は、県下最大級のもので、元来下流の吉兵衛墾田をうるおしていたが、現在は木谷橋下流の発電所にも使われている。

車道沿いに進むにつれ両岸はしだいに屹立し、約300メートル遡上したところで右岸よりの沢が道路の下をくぐっている。これは挽固屋沢で長野山を源流とし、いくつもの小滝を含んでいる。

この沢口からやや上流の対岸、つまり水尾側の高所に鹿落ちの滝が懸かっているのが見える。町が前面の藪をとり払ったので注意しておれば見逃すことはあるまい。

この滝の水は木地屋の方からの沢によって供給されている。木地屋というのは、昔、木を材料とする食器等の製造を生業とした人々(木地師)の集落のことが多い。山腹にぽつんとある家跡がおそらくそれであろう。

鹿落ちの滝の上手にかなりの堰堤があるが、その相当な部分は土砂に埋まっている。そのしっぽの所に赤滝がある。といってもささやかな滝だが、水しぶきが、モミジの枝葉の間から人見知りするかのようにチラッと見えかくれして跳ねている。

これから上流は川の屈曲がはげしく、右岸にはりついている車道もカーブをくりかえす。

やがて視界が少し開けて、左手側に数戸の家が現れる。廃屋ではないが住人はいない。というのは通勤農業の別荘役をしているからだ。木谷の人達は子女の教育上の困難から、広瀬あたりに居を移した。しかしワサビの栽培はうまみのある生業で、以前からのブランドも守らねばならぬ。そこで生まれたのがこの方式らしい。

 この先から川床と路面との高度差が増してきて、渓流の様子がつかみにくくなってくる。やや暗い川底をのぞき込むのに怖い思いをさせられる。そして小西の沢口までのあたりがこの渓谷中で、渓態が一番まとまっている区間だと思う。

小西分かれに近づくと、両岸の岩壁が指呼の間で、川床を小滝がおどり、転石は少なくナメ床に近い。数年前、このあたりの屹立した崖の一部が崩落して、渓流の中にガレキを体積させたことがあったが、その後遺症もほぼ消えた。

<上木谷> 木谷峡本流には滝は少なく、高さも小さい。水量が多いと川底の磨減も速いからであろう。それでも小西沢口の少し上流に一つ、10メートルの本格的な滝がある。釜も立派で八幡滝という。

この先、川床は目立って平凡になり、転石に占領されてくる。車道はアスファルトが切れ、砂砂利に変わる。

一方、釣り師の方はここから上流をねらい。一般人のざわめきをきらってのことだろう。近年新手の訪問者が出現しはじめた。山草の会の人々で、貸し切りバスで入谷する団体さんもある。

上木谷はやや散漫で、ときおりよい渓態を見せても連続性がない。特に最奥の2キロは急勾配なので、地図上では良質のはずだが、実物に接すると期待を裏切られる。ゴーロ帯とみなして良いゾーンである。

勾配の消えた所が平家屋敷跡で、ここで渓谷は終わる。しかしなんら平家をしのぶよすがはない。右手に平家ヶ岳へのはっきりしない登山道口があるだけである。

渓谷をくぐる秋 水の魂白し (山頭火)